両親が離婚をすると少なからず子供に影響があります。
それでは子供がまだ乳児の場合はどうなのでしょうか。
まだ物心も付いていない時代ですので片親だけで養育していても決して違和感を感じません。
片親の存在を知らないからです。
しかし子どもも成長していくと段々と自分の家庭環境が普通ではないということが分かってしまいます。
この時に自分がかわいそうな子供だと思ったりもう一人の親に会いたがろうとすることもあるのです。
それができないと不愉快な感情がたまってしまい、思春期にかなり反抗してしまうこともあります。
また、子供が小さいうちに離婚をしてしまいますと、働きながら育児をしなければいけなくなりますのでかなり大変です。
これらの影響が起きないようにするためにはまずは離婚を下ということを自然に理解させるようにする必要があります。
そして、子どもには絶対に寂しい思いをさせてはいけません。
仕事で保育所などに預けなければいけないのは仕方のないことなのですが、休みの日はずっと子供と一緒に遊んであげるようにしてください。
またもう一人の親との交流もさえてあげるといいでしょう。小さいうちから関わっていれば決して避けることなく交流してくれます。