両親の離婚は子供たちに悪い影響を与えると思われている人も多いはずです。子供のたちのためにと、離婚せずにいる夫婦も多いと思います。しかし、子供たちは両親のそんな状態をしっかり感じ取っています。子供たちはとても敏感です。両親が子供たちの前で仲良しを演じていたとしても、子供たちは敏感に感じ取るのです。そして、そんな両親の間で、子供たちは子供たちなりに気を使って生活しています。それは、小さな子供でも一緒です。いや、小さな子供の方が両親と一緒にいる時間が長い分だけ、余計に感じやすいかもしれません。本当は、子供たちの方が苦しい思いをしてるのかもしれないです。そんなことを考えると、そんな不仲な両親の姿をいつまでも子供たちに見せ続けること、そんな状態の中でいつまでも生活し続けることがいいことなのは疑問です。家は、意を使わずにいられる場所でありたいです。そう考えると、離婚という形をとっても、大人たちが楽な気持ちで生活し、そんな状態で子供たちに接してあげる方が子供たちにとってもいいことなのかもしれないです。子供たちに与える影響を考えたとき、悪いことばかりが先に頭に浮かぶかもしれませんが、それは親の身勝手な考えなのかもしれないです。