両親の離婚は子供に影響を及ぼすこともあります。
子どもがまだ小さいうちに離婚をした場合、中高生くらいの反抗期になったときにそのことが原因で親に突っかかってしまうこともあるのです。
自分が寂しい思いをしたのは親のせいだと思ってしまいます。
また片親だけになりますと子供だけで夜まで過ごすことも多くなり、そのために子供の微妙な変化などにも気がつかなくなってしまうこともあるのです。
何よりも自分がかわいそうな子だと思ってしまいます。
離婚は夫婦の同意があればできるものですが、そのせいで子供が寂しい思いをしてしまうことは決して忘れてはいけません。
それでは子供が離婚に反対をすればしないほうがいいのでしょうか。
それはそれで家庭内別居を引き起こしてしまい、子どもの生育に悪い影響を当てえてしまいます。
ですので子どもがまだ未成年であるうちは子供にしっかりと説明をしてから離婚をするようにしてください。
そして別れた後も元配偶者とは仲良くするようにしてください。
決して自分が気に入らないので元配偶者と会うことを禁止するようなことはしてはいけません。
一人親になっても決して寂しい思いをさせないように周囲の人の配慮もとても大事になります。